直線上に配置
Vol.00092■おいらは中学生 2005年8月16日
「ハッピーバースデー、ピッピとチャッチャー♪ハッピーバースデー、ピッピとチャッチャー♪」
と、アイツはおいらを抱いて歌ってる。誕生日なんだと、おいらたちの。野良猫だったから本当の日はわかんない。8月の真ん中になると誕生日ってことにしてるらしい。

「13歳だから、これでピッピもチュウガクセイね。きゃ〜♪こんなお爺さんのチュウガクセイ?アッハッハ」
「チュウガクセイ?なんだよソレ?」
と思ってると、子どもが
「チュウガクセイならボクとおんなじじゃん。一緒に学校行こうか?」
とニヤニヤ笑う。そうか、学校に行くヤツのことか!
(「一緒に行こうか?」って咳が出て休んでるくせに。ヤなこったニャン→)

「でも、ネコの年だったら1年目で16歳、その後は毎年4歳ずつ年とってくから、もう64歳よ。1年目で18歳、毎年5歳ずつっていう人もいるから、それなら78歳!きゃ〜、お爺さんねぇ!アッハッハ」 
なんでもアッハッハ。子どもなのか爺さんなのか、こっちが聞きたいよ。

確かに年は取ったな。まわりで何かがチョロチョロ動いてても気になんなくなった。前は寝てるときでもちょっとした音で飛び起きたけど、今なんか片目を開けてチェックするくらいだ。気がつかないで爆睡してるときだってあるぜ。

いつの間にか、キャビネットどころかテーブルにさえ床からサッと飛び乗れなくなった。まず椅子に乗ってそれからテーブルへ。降りる時も椅子に戻って前足で椅子の足をつかみながらズルッと降りる。カッコ悪いけどしょうがない。でもアニキは軽いからか、今でも床からテーブルに飛べるぜ。カッコいいよな。これは年より体重の問題かもしれない。

誕生日は焼き魚が出てくる豪勢な年もあれば、な〜んにもない年もある。アイツ次第なんだ。去年は検疫所の中だった。寒くて、寒くてそれどころじゃなかったな。今年はアジが1匹ずつ出た。骨が全部取ってあって頭も尻尾もなくて、どこからどこまでが1匹なのかよくわかんなかったけど、うまかった。前は頭でも骨でもバリバリ喰ってたけど、もう歯がちょっとしかないからダメなんだ。やっぱり年だよな。(つづく)

トップ アイコン
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー