直線上に配置
Vol.0112■旅するネコ 2005年10月29日
「ねぇ、このネコってピッピに似てない?」
「ホントだ!」                 (おいらがナニか?→)

おいら、アイツ、連れ合いは、獣医のぺトラのとこに来てた。おいらはシンサツダイとか言う、高い台に載せられて動けずにいた。さすがにコワいよ、あの高さは。アイツと連れ合いは壁に張ってあるデカい紙を見てた。そこにはたくさんのネコの写真があった。

「ね?そっくりでしょ?ピッピってジュンケツだったんだ〜♪」
「売れるかな?」
「ダメじゃない?愛想ワルいし、お爺さんだから。かわいいんだけどね〜♪」

と言いながら、2人でケラケラ笑ってる。 ピッピ、ピッピって、おいらのことを話してるのはわかる。それでケラケラって、なんなんだよ。「ジュンケツ」とか「売れる」とか。 その時、ぺトラが薬を持って戻ってきた。
                        
「ねぇ、ぺトラ。ピッピってこのネコにそっくりじゃない?」
とアイツが壁の紙を指差して聞くと、
「あぁ、ターキッシュ・バンね。そうね、色はそっくりね。シロ猫でシッポと頭のところが茶色だから。でも、そのネコはロングヘアなの。ピッピはショートヘアだから違うわよ。」
ターキッシュ???ロングヘア???

家に帰ると、アイツはさっそくパソコンの前でカタカタやり出した。
「きゃ〜。見て見て!これなんかピッピそっくり!!10円ハゲまで同じじゃない!セミロングヘアっていうのもいるから、そんなにフサフサでもないよね〜。こんなのショートヘアに見えるんだけどなぁ・・・」
と、ブツブツ言いながら、なにやらカタコトやってる。

けっきょく、おいらがなにになったって?(つづく)

 (おいらがターキッシュなら、一緒に生まれたアニキはなんなんだよ?→)



トップ アイコン
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー