直線上に配置
Vol.0002■やってきた二本足 2004年10月5日
おいらが生まれたのは、今から12年前のシンガポール。だだっ広い芝生の広 がる、工場の敷地内だった。二本足のマレー人の守衛がいて、ママが身ごもっ たのを知って、可愛がってくれてたらしい。正確に言えば、おいらたちは警備 室の中で生まれたんだ。

他にもチャッチャと呼ばれてるトラ猫のアニキと、アネキが2匹いた。あんま り目が見えなかったし、二本足のやつらが入れ替わり立ち替わりやってくるん で、怖かったな。いつも子ネコらしくミャーミャー鳴いてはママを探してた。 芝はおいらの足より長くて歩くと沈んで、なかなかうまく歩けなかった。20 歩も歩くとすぐにママがわかんなくなって、これまた怖かった。

時々、空まで届くような二本の足がすぐそばにすっくと立ち、クレーンのよう な手が降ってきたかと思うと、おいらたちを高〜いところまで情け容赦なく持 ち上げ、大きな顔でのぞき込んできたり、デカい手でなでたりする。そんな時 は心臓が止まりそうで、必死で鳴いた。ママはいつも首のうしろを軽く噛んで 持ち上げてくれ、絶対に飛び降りれないような高いところまで持ち上げること はなかったからな。

とにかくあの頃は1日中鳴いてた。それが4匹だから、周りはかなり賑やかだ った。でもこれだけうるさけりゃ、ママがおいらたちを見つけられなくなるこ とも、おっぱいを飲みっぱぐれることもないだろうと、なんだかみんな一生懸 命鳴いてたもんだ。

おいらはきょうだいのうちで、一番チビで痩せっぽち。アニキは一 番大きくて、堂々と立派だったよ。足なんかおいらの倍ぐらい太くて丈夫だっ たな。だからおっぱいをもらう時もいつも一番いい場所に陣取って、たっぷり 飲んでた。おいらは飲みにくいはじっこの方だったり、3匹の間に入りこめな くてウロウロしてたり・・・。そんな時はママが首根っこを噛んで、みんなの 真ん中に押し込んでくれたな〜。

優しいママ。静かで広くて、二本足に踏まれないようにさえすれば、けっこう 安全な場所。おいらはずっとあそこにいるもんだとばかり、というか、あそこ を離れるなんて思ってもみなかった。ところがある日、アイツとその連れ合い がやってきた。おいらが怖くてしかたない、二本足の連中だ。
トップ アイコン
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー